toggle
2017-08-10

マジックがかかるということ

tea house

 

あなたは町のカフェとかティーハウスへゆくのは好きですか?

そして一人ですごすのが好きですか?

それとも、やはり友達とというタイプですか?

 

私は行くのが大好きで、生活の大切な一部。

そしてもちろん、友達とのおしゃべりのために行くこともありますが、

自分のための時間と、 「空気の入れ替え」目的で

お一人さまとしてゆくことも多いです。

 

人生において、あるいは日常においての新陳代謝を促すことは

いろいろなレベルで大切ですから。

いつも同じ場所、同じ人と付き合う、たとえばママやおうちでのお仕事の方は、

空気の入れ替え、息抜きは特に必須です!

 

心への新鮮な空気は、目からも、耳からも、感覚からも入ります。

 

それが欲しいときは、普段の場を離れて外にさっとゆくのが、

一番速いです。

 

この上の写真にも映っているティーハウスですが、

今でも好きで利用します。

 

そして気にいっているのは変わりませんが、

「大好き♪」から、「好き」へ、いつしか変わってしまった感もあります。

 

今日はそのことについて☆

 

「大好き♪」と弾む気持ちで言えること、もの、場所があることは

とても幸せなことです。

 

そしてそこにはある意味での 『マジック』 があります。

 

恋愛で「大好き!」と思ってお互いを眺めるときも

マジックがかかっていますよね。

 

このマジック。

では由来はいったいどこから?

何がマジックを発生させるの?

 

 

私が感じたのは・・・

 

マジックが生まれるところには

ある種の 『純粋さ』 『ひたむきさ』 があるということです。

 

恋する乙女の目にかかっているマジックもそうですし、

人でも、場所でも、ものでも、

 

純粋さと、それに感応する同じ質のものが出会ったとき

生まれるものなのじゃないかなと思うのです。

 

こんなことを、ティールームで寛ぎながらも

考えていたんです。

というのも、オープン当初、通うたび心が踊るほど

そこでの時間が大好きだった気持ちが、

ある意味でさめてしまった部分にも、ここ最近気づいたからです。

 

以前のオーナーさん(のひとり)がやめてしまって、

経営の理念が変わってしまったこと。

それが細部にも出ていて、

訪れる方の居心地にも影響しているのです。

 

同じメニュー。

同じケーキ。

 

でありながら、「空気感」が違う。

 

シンプルにいえば、「おもてなし」の心がなくなってしまった。

 

視線が、自分たち視線へと変わってしまったのを

感じたんですね。

 

以前のオーナーさんが言っていたことですが、

「おいしいお茶を飲んでほっとしてもらう時間を提供するために、

お茶のためのお湯からこだわっている」ということ。

 

それは効率だけではない、おもてなし心の発揮でした。

彼女の、来た人にはゆっくり寛いでほしい!という

純粋な思いがたっぷりありました。

 

それはたとえば、いつ行っても新鮮な生花が活けられていたり、

トイレにも飾ってあったり、

雑誌、本もたくさん置いてあったり、

 

お買い物で花を買って行ったときには、

花がしおれないように「花瓶をお持ちしましょうか?」と

聞いてくださる心配りだったり・・・

 

そのさまざまを、そこに来て座っている人は感じていたわけですね。

 

ごく淡く親交があったその以前のオーナーさんが、

採算を度外視しても、そこで展開したかった場としてのエネルギー。

 

それは目にみえるもの、

実際お金としてどうリターンするのかが

はっきり見えないものだとしても、

 

とても繁盛していたのを見れば、人々は感じ取り、

そこに集って楽しんでいたと言えるのです。

 

もちろん、ビジネスとして収益を考えないということは

あり得ませんから、

他のオーナーさんたちの視点も大切なことであったわけでしょうし、

彼女が外れた理由も、収益のことだったと聞いています。

 

以前のマジックが、なんだか消えてしまって・・・

人もちょっと減ってしまった感じを見ていて、

 

その両者を組み合わせることのチャレンジ

そして、大切なものは目に見えない

 

それを感じて、ちょっとしみじみしながら、

おひとりさまティータイムを味わいました。

 

 

何事もバランス感覚が必要。

 

そして、目に見えないところ、なにげない小さなところで、

やさしさとか居心地のよい空気感は

やはり創られるのだな・・・と改めて感じました。

 

これはティールームやカフェだけではなく、

全般に言えることですね。

 

あなたの大好きなものにこめられている 「マジック」は何?

何がそれを可能にしたり、醸しているの?

 

・・・そこには、あなたが大切と思う価値観が反映されています。

 

効率や、リターンだけから価値を測るのではなく、

その「外にあるもの」、ゆとり、目に見えないものを大切にすること。

それが、一番心に響くもの。
一番伝わってゆくもの。

関連記事