toggle
2019-02-04

マインドを満たすもの ハートを満たすもの

 

私たちは情報にしてもたくさんのものに囲まれ、
また思考も、今現実の世界で必要な、すぐわかった!と思える
実質的、現実的なものに惹かれたりします。

確かに、人生を送る上で、必要な知識や情報もありますし、
今のように、さまざまなとても速く変化してゆく時、
なにかつかみやすいものをつかみたい。
こう思うのは、当たり前のことです。

けれど、そういう即、使えるかのように思えるものって・・・
案外、はじめに感じるより、短い寿命のような気もします。

テクノロジー、情報などは一瞬一瞬変化していますよね。

それに反して、たとえば今はどれだけの人が読んだり
興味を持つのかわかりませんが、
実践には特に役立つとも思えない、たとえば詩歌なんてあります。

それを味わって精神面、情緒面を豊かにして潤してくれるのは確かですが、
だからといって、どこに使えるとかではありません。

じっくりじっくり噛み砕いて、
それが心に浸透してゆく。

まずその心の余裕がもてるようでないと、
そもそも、興味も持たない分野だろうと思います。

こちら、上の最新の情報と違って、目新しいものでも、
マインドが知ったことで満足する刺激もないかもしれませんが、
その実、すばらしい詩などは心に長く留まり、栄養になってくれます。

昇華されたものから立ち上る、その熟成を感じる時、
時を超えた共鳴が起こり、ハートも震えます。

私たちは普段生きていると、目先の、すぐそこにある便利に目を奪われ、
ゆとりある目を持たないと気づけない、時褪せないものを
軽視してしまいがちです。

生きているというのは、
たえず二極のバランスをとったり、
二極をどちらも受け入れたりの道のりです。

両方の良さを認めながら、賢く情報ともつき合ってゆきたいです。

そして、長くに渡って栄養になる、言葉を超えた言語、
それは美などですが、それを大切に生きてゆきたいなと思います。

 

関連記事