toggle

アバンダンティア感想-私自身

flower

わたし自身の感想

アバンダンティアのエネルギーは軽やかだけれど、大天使のエネルギーともちがって、
とても楽しげな、そして喜びと生命の謳歌という風なエネルギーに感じました。

ちょっとイエローっぽいエネルギー体が、空間をクルクル回り、そこから喜びの
エネルギーを振りまいてくださっていて、
これがアバンダンティアのエネルギーなのかな。。。と思っていました。

そしてプロセスが進み、アバンダンティアとわたしはあるお城のようなところの
部屋にいました。

そしてアバンダンティアがその部屋を見渡して蜘蛛の巣がはってあるところ、
すすけた放置されたところなどを、掃除をするようにパタパタとしてくださって、
そうすると、その部屋本来の姿が目に入ってきました。

そしてとてもビックリしました。
そこは美しい豪華な部屋で、その部屋にはさまざまな局面を表す部分があり、
それぞれは例えば、経済的なこと、人間関係の豊かさ、健康、仕事、
喜びの活動などなど、一言で「豊かさ」という、すべてが含まれているようでした。

これは後の方でも強く感じたのですが、わたし達が「豊かさ」を連想する時に、
つい流通としてなじみの深いお金を思ってしまいますが、それはもちろん豊かさの
大切な一部ですが、その他にも包括的な幸せにつながる豊かさが、
人生にはたくさんあるのだということです。

そしてアバンダンティアは、

「これが本来のあなた自身です。すべてを持っているのです。
ですから遠慮などせずすべてを使って行ってください。
あなたがまず豊かさで満たされて、そしてあなた自身は
あなたがやるべきことを完遂してゆくのです。」

とおっしゃいました。

また時に古い条件付けによる制限が解けると共に、喜びと、また不要となった
悲しみの感情が湧いてきました。

わたし自身は魂として、どのような豊かさも受け取る価値があり、それを自身が
受け取ることにより、わたしがその豊かさを渡してゆく、その方々にも
行き渡るのだということでした。

またアバンダンティアが、すべてに満ちる、無限に天からコインとなって
降り注ぐイメージ、その豊かさのゴールドのエネルギーについて
どう思うかをわたしに聞かれました。

わたしは「とても美しく清らかで、シンプルに天のエネルギーが
そこに無限にあるという感じです」と申し上げました。

するとアバンダンティアは、

「そうです、お金、それはあなた方の思い込み、制限の幻想を通したものに
なっています。けれど本来の豊かさは宇宙の循環、妙なる循環、
あなたがたが魂の存在として、自分のものと宣言して受け取って良いものなのです。
それを感じてください。」

とおっしゃいました。

確かに自分自身を肉体の存在として、魂の自分が受け取れるその小さな、
小さなパートしか受け取れていない、そのことを感じました。

その制限を取り除いて自分の魂で素直に望むこと、それはさまざまなものがありました。

今回のアチューンメントですばらしかったのは、その制限の思い、
常識で枠付けされたものから、軽やかな自分自身の魂へ戻る、
その一つであったということです。

アバンダンティアからゴールドのティアラももらい、またここでも蓮の花のイメージが
ありました。
わたしは蓮の花のエネルギーとともに、豊かさを自分が制限することなく受け取り、
また制限することなく流し、無限の供給の中にいるのだと思いました。

このアチューンメントはわたしの中の限定した豊かさへのイメージを覆し、
人生にはどれだけの豊かさにあふれているのか、豊かなサポートにあふれているのか、
それへの信頼を大きなもの、子どものような無邪気な信頼にしてくれました。

 

ファシリテーター さんよりのシェア

これから求める豊かさの質、与えられる豊かさの質がより輝きをましてゆきます。

そして天使たちから淡いピンクとブルーの石をプレゼントされ、
それは特別なエネルギーに満ちた石で、音葉さんの周りを愛、やさしさ、豊かさ。。。
あらゆる幸福の質で包んでいました。