toggle

クリスタル・石との付き合い方

イーダーオーバーシュタイン磨き石

石とはどんな風に付きあったらいいの?

 

これを読んでいるあなたは、きっと石のことに詳しかったり、
もうすでにいくつかの、あるいはたくさんのクリスタル・石を
お持ちの方かもしれません。

 

自然なお付き合いの中で、ベストな方法を
すでに確立されているかもしれませんが、

今回は私が考える『石との良い関係について』書いてみます。

 

まず、石は生きている存在です。

私たちより、ずっとずっとゆるく遅い波動ですが、
生きています。

私たちと石というより、
同じ地球の上で生きるお仲間みたいに、まず考えるという観点で
この記事を書きます。

 

あなたが友達にすること、しないことを考える

 

シンプルに、大切な友達にすること、
反対にしないことはどんなことでしょう?

あるいは、自分がされてうれしいこと、いやなことは?

 

もちろん、人間と石をまったく同じように思う必要はないですが、
ガイドラインが見えてきます。

お仲間ならば、種が人間と鉱物とたとえ違うとしても、
共通項はあると思うからです。

 

× 自分の勝手だけで振り回す (勝手に一方的な期待を、過剰にかけるなど)

お互いに助けあえることはあっても、まず相手のことも知ってからが
人同士でも基本ですよね。

× その人そのものではなく、効能、何ができるか?だけに
興味を持って、自分勝手な期待を膨らます

(外見やスペック、外側の条件、見栄えばかりで判断する)

× 最低限の必要なケアも与えない。 (ほこりが被っていて、ドヨヨーンと濁るまで放っておく)

必要なケア:浄化、エネルギーチャージ、光に適度に当てるなど

× 願いを叶える魔法の薬のように扱う

石はその固有の安定した波動を、共鳴を通してプレゼントしてくれます。
それはあなたの波動を変えるキッカケとなりますが、石だけで人生が変わることはなく、

きっかけから、どんな風にあなたが自身や状況への理解を深め、人生に行動に
反映させてゆくかです。

エネルギー的ブースト(押し上げ)と、あなたの実際の行動なり、取り組みなり、
新たな信念、意図などにより、望むものが顕現してきます。

 

石とあなたの共創造なのです。

 

ある意味で、純粋に好きな友達との間で
自然な絆がはぐくまれてゆくように、さまざまな計算や目論見を外して、
お互いの心地よさで、素直さの中でまず共鳴してゆき、

 

くつろぎ

 

いろいろな体験をともにしたり、語りかけたり、愛でたり、
その存在そのものを慈しむことで、その石に向ける愛は、
間接的にもあなたを潤し、尊い共鳴からあなたの波動も変わってゆくということです。

共鳴は強い波動に弱い波動が引きあげられます。)

 

誠実に大切な友に接するように、石と付き合ってゆければ、

それがオーセンティックでベストな付き合い方と言えます。