toggle

ドイツ暮らしと風景 便り

夕日

 

折々のドイツ風景をこちらに書かせていただきますが、

今のところ、古い記事に順に足す感じで(最初が最新の記事)
書いてゆこうかなと思っています。

ビーズ 主にドイツの風景などをUPしている
インスタグラムも よろしかったらご覧ください☆

 

ハート ドイツの春編

ガーデンショー ドイツ

ドイツでの春の訪れは、やはり長い冬の後ですから、
格別にうれしく感じます。

今まで灰色のどんよりしたお天気と色彩だったのが、春の訪れとともに
お花たちのとりどりの可愛らしい色彩のショーとともに
命のよみがえりのように、自然も復活のさまを見せるのと同時に
人々の心も開放的に明るくなってゆきます。

そんな季節を100%楽しむために、ドイツの人たちは
とてもアクティブになります。

スポーツを楽しんだり、戸外で日光浴をしたり、庭仕事に精を出したり、
思い思いのスタイルでエンジョイしますが、

こんな風に、春秋と催されるガーデンショーのような
大人も一日楽しめる、自然あり、おいしい食べ物・飲みものありの
大人の一日遠足気分を味わえる Land Partie の賑わいは
自然をこよなく愛するドイツ人ならではです。

Land Partie (田舎のパーティ、 ガーデンショーのようなもの)の

写真は こちら からごらんいただけます。

 

ハート ドイツの冬編

雪景色

 

エンジェルと雪

 

そら

 

ハート ドイツのクリスマス編

クリスマスまでに待降節があり、アドベンツクランツと呼ばれる
リースに設置のろうそくなどを、各日曜日に灯してゆく飾り、
それもこの時期の温かさを伝えてくれます。

 

 

また、以前作ったクリスマスマーケット風景の Youtube
こちらにUPしてみますね。

どうぞごらんください♪

 

 

 

 

ハート ドイツの初秋編

Blankenberg

(ワインやビール、お茶などが飲める、ゲミュートリッヒな場所)

ドイツ暮らしでは、冬の寒さ、長さ、日照時間の短さとともに、
それがひっくり返ったような、日照が長く、日も暮れないような輝きの
夏のさわやかさがあり、

季節というか、寒い時期、あったかい時期のめりはりが
結構はっきりしているのも、日常の風景に影響を及ぼしています。

夏の、いつまでも日が落ちないようなときは、
ドイツの人は精力的に楽しみます。

一般的に、ドイツ人のイメージとして、
「まじめ」「勤勉」などがあるかもしれませんが、
実際のドイツ人は、仕事とプライベートの、オンとオフを
とても上手に扱っているイメージです。

写真は秋になりかけの風景ですが、こんな戸外で
夏は家族連れ、友人同士などで、おしゃべりをして楽しんだりします。

 

ハート ドイツの夏編

夏はこちらはいつまでも明るくて、さまざまなレジャーを
家族などで楽しむ時期。

3週間ほどの休みをとって旅行にゆく人や、
あるいは身近でも自然に親しみ楽しむ姿が
多く見られる時期です。

たとえば、湖でねっころがったり、湖水浴をしたりと、
老いも若きも、楽しみに余念がありません。

 

湖でくつろぐ

 

湖でくつろぐ

 

ドイツではこういう普段着の楽しみが、お金を遣わずとも
充実しているところがあり、
また働く際の時間なども、より人間的側面を考慮している点があり、

プライベートを充実させるのが、楽にできる環境ということでは
ありがたい側面だと思っています。

自然を愛でる、自然を味わうことを大事にするドイツでは、
健康的な楽しみが気軽にできることが、とてもすてきなところだと
常々感じています。

 

これから折々も、こんなドイツ暮らし風景を綴らせていただきますね♪