toggle

ハッピーな関係性 小さな不満をためない

 

ケンカ

小さな不満だからと いつも飲み込んでいませんか?

 

パートナーシップは日常のなかにありますから、お互いの愛情だけではなく
そこにさまざまな要素が入ってきます。

それは仕事であったり、お互いの家族であったり、子どもであったり
社会的な義務であったりです。

それをパートナーと、それぞれの個性に応じてスムーズに分配できて
お互いの間に不満がないのが理想と言えるでしょう。

けれど、時に片方に用事の比重が掛ったり、女性にサポートの役目が
いつもまわってきたりということも、結構あることではないでしょうか。

人間は同じことをしていると、やはり精神的な疲れがたまりがちですし、
その点、家事や育児を期待される女性にとって、それをどのように解消して
負担にならずに二人の家庭を維持してゆくかという実践的なこと

これも二人の純粋な関係性プラス、大切なことだと思います。

ですので、日常にまつわることを大事にすること。
ちょっとした不満でもないがしろにし続けないこと

これが大事になります。

なんでもその時その時で片付けないことは、あとになって
大きなものになってしまいます。

 

大ゲンカ

 

単調な日常で生まれる澱のようなもの、これも表現を考えてパートナーに伝えたり
片方が肩に背負い過ぎないように心がけるのも、
関係性を考える上で、大切なことだと思います。

具体的には家事の分担、責任範囲、感情的にこんがらがって来た時の
お互いの対処の仕方など、正直に話し合う必要があると思います。

またそれができるだけの、お互いへの尊重と配慮と思いやりが
土台にある関係、
それをゆっくり熟成させながら作ってゆくことが、
やはりなにより大切で、尊いことだと思います。