toggle

ハッピーな関係性 自分をまず大切にする

 

女性

相手の方を向いてばかりでは、関係性も育たない

パートナーシップというと、わたし達はつい相手に目が向きがちです。

女性は相手のことを細やかに察知するアンテナを持ち、今までの人生や
社会でも、それを伸ばすように奨励されますので、

気配りとか、相手をまず思い遣るとか、相手を立てるとか、

相手軸の視点が自然に身についていることが多いと思います。

けれど何事にもバランスが必要であるように、
また優しさはまず自分がそれを充分にもっていてこそ
素直にスムースに、他へと流れます。

 

無理したお付き合いは・・・

 

無理したり、相手に嫌われるないように。。。という心で
相手の方に向いてばかりでは、
長いお付き合い、はっきりいって疲れてしまいます。

人間は感情も欲求もあります。
だれにでもあります。

それらをお互いにケアできる同士でないと、不満が高まったり
さびしい思いをしたり、結果、求めたものから離れていってしまうことにも
なりかねません。

自分の望みを相手に素直にいえることは、勇気を時に必要とします。

今までの育った環境、居る環境ではなかなか受けいれられなかったという場合、
その痛みを癒してゆくことも必要かもしれません。

そして自分を大切な存在であると、まず自分が心から
とらえていることが必要です。

自分とのお付き合いは一生続きます。
そして自分の心は最後まで欺くことはできません。

言い方などには配慮しつつも、素直な気持ちで、
時には楽にノーが言える関係こそ、無理のない普通の
けれど気持ちの良い関係なのではないかと思います。

歩く時に相手ばかり見ていては、思わぬ穴に躓くかもしれず(笑)、
やはり前をしっかり向いて、自分の中心を保ち歩いてゆくことで、
相手にもその人が必要なスペースを与えることができ、

もたれ合うのではなく、一緒に歩くというスタンスが保てるのだと思います。

優しい女性こそ、「まず自分を大切にする!」
そう心に決めて欲しいと思います。