toggle

音葉について

 

花井音葉

 

私自身のここまでの道は、
テーマとしては、自分自身のパワーを取り戻す旅 と表現できます。

自分自身のパワーとは、本来のままの女性性を発揮しながら 受け入れられ、
女神性をフルに表現して生きる 強さと優しさです。

 

リボンのライン

 

幼少時の 自分自身のパワーを認められない、女性であることを尊ばれない
という環境の後、

人生の中でも、さまざまな変化、変容を経験し、
住むところも、日本、30代半ば以降オーストラリア、イギリス、ドイツと
さまざま経験して、

そのすべての過程を通し、自分らしい生き方、本来の自分のままで生きることを
ハートに導かれ体験してきました。

 

フランスにて

 

わたしのスピリチュアルな旅は、知らずずっと求めて来た、
幼い頃からの情熱とともに、

ベストなタイミングでの機縁を得て、自然に展開してゆきました。

パールボタン 理屈なしに惹きつけられた、オーラソーマのボトルから始まった
色、エネルギーなどについても学ぶ 魅惑的なその旅 (2003年より)

パールボタン 突然胸に「霊気」と、クリアに書いてあるのが見えた
レイキの癒しの道 (2003年より)

パールボタン 情熱で探求して来た、宇宙の英知を地球成分に託して存在する
クリスタル・石との心弾む出会い (2003年より)

それらは長い間、心に真に響くものを求めて来たわたしにとって、
魂が送ってくれた

本当のわたしへ還る旅への招待状でした。

 

そして今でも大好きな師である、ライタリアン研究所の創始者
Jeannine さんとのご縁を2005 年にいただき、

アチューンメントを通して、わたし自身が持つ、クリヤボヤントの能力、
エネルギーを伝える能力も、自然に花が開くように開花してゆき、

人の輪でのサポート、そして天からのサポートとともに、
わたしのギフトを伝えるお仕事がスタートしました。
それはまさに、長い間海からあがっていた人魚が、
また再び海へと還れたような、自由で自然な場、心地を贈ってくれました。

エンパスでありインディゴでもある私の繊細な感覚を、粗い世の中で
どんな風に活かしてよいのか、ずっとわからない人生を生きていたからです。

ほんとうに好きで得意なことと出会い、
そしてそのご縁の中でのやり取りなどを通しても、

自分らしい輝き方をクリエイトし、
人生の意義を感じることができるようになりました。

 

マヨルカの海

自然(海)と 自然(手に持つクリスタル)の出会い

そして今私がさせていただいているのは、
みなさまがすでにお持ちの、尊いギフトを再発見するお手伝い
女神性をフルに開くお手伝いです☆

 ♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

あるいは随時開催のWS(ドイツ&日本で)
それらの学びの機会も、ご提供しています。

パールボタン 天使たち、アセンデッド・マスターたち、女神たち、聖なる存在とのつながり

パールボタン 自然界の恵み、石たちのサポート、植物たちの愛との共鳴

パールボタン 人間として暮らす、その人生を愛でること

そして自分自身を知ること そのすべての要素が、
あなたが本来持つお花を開かせる種、鍵となります。

全体のなかであなたの本来性と再びつながることで、あなたのオリジナルな人生も
調和と愛とともに顕現されます☆

 

変容の波のとても高い今、オリジナルな尊い道を歩む上で、
一時的にせよ、道に迷ったように思えたり、
ナビゲーションがほしくなったり、
自分の位置確認が必要になったりします。

また、あなたの個性とギフトをはっきりと知るために、

「自分はいったいなにものなのか?」という問いかけが
心の奥から湧き出て、
深く自分を見つめることも促されます。

わたしにとってこの肉体に今居ること、そこでの大切なことの一つは、
ご縁ある方が、本来のお花(ギフト、ジュエル)の美しさと共に、
さらに生きてゆかれるサポートをさせていただくことです。

 

あなたとのご縁を、心より楽しみにしております♪

あなたオリジナルな、あなただけが創れる尊い人生を見つけ、歩んでゆきましょう☆

 

リボンのライン

 

〈これまでの学び〉

ビーズ クリスタル・ヒーリング ファシリテーター

ビーズ 天使やマスターたちとつながる アチューンメント・ファシリテーター

ビーズ オーラソーマ・ファシリテーター

ビーズ インカ・トラディション ヒーラー

ビーズ ライタリアン・レイキ 最終レベルマスター

ビーズ エンジェル・セラピー(ETP)ファシリテーター

ビーズ アニマル・コミュニケーター

ビーズ スペースクリアリング ファシリテーター

ビーズ ヒプノセラピストとして、あるいは数秘の学びなども。

 

それぞれについてその折々に情熱をもって学んできました。
また現在は、それら学んできたものが「ツール」だとしたら、
それらを超えて、その使い手である私自身のさらに深い変容に
直にフォーカスしています。

 

そして2017年から仲間入りした愛犬エンジェルとの暮らしも
楽しんでいます。

 

エンジェル