toggle

カルサイト(ホワイト)

 

アポフィライト

クリスタル Love ヒーリング・メッセージ

 

ここでは特にホワイトのものについて。

カルサイトもセレナイトもほわっとした趣きがあって好きな石ですが、
さて、手にもったカルサイトのハートはどんな世界へと
つれていってくれるでしょう。。。

☆☆☆

しばらく手にもって静かに目を閉じていると、

包み込む優しさを感じ、それはほっとした感じ
マッサージをしてもらっているような、楽に解けてゆく感じです。

そしてしばらくその緊張をゆったりと解いてくれる心地良いエネルギーに任せて
ただ石との時間を楽しんでいると、

「あなたは自分を信頼している?」
「信頼っていうのは、条件付きじゃないんだ」

という声がかすかに聞こえた気がしました。

そして男女のすてきな流れるようなダンスのシーンがあって、
そのシーンを彩っている美しさは、その踊っている二人が
深くお互いを信頼して一体になっているがゆえの、完璧な調和というもの
それを感じるからなのでした。

とても満ち足りた気持ちがしながら、そのシーンを感じていました。

そして、二人は完璧なリズムで踊っているけれど、
たとえ足を踏んだりする間違いがあったとしても、
お互いの調和はそのままで、ただ二人で楽しそうにクスリと笑って、
そして更に親密をわけあってゆくのだろうなと
ふと感じました。

わたしはなんとなく、言葉で示されたわけでもないのに
その二人の様子から、

人生にもそういう余裕、ゆとり、許し(深い信頼)が大切なんだよと。。。
教えてもらったような気がしました。

完璧さを求めて精進するのも確かにすてき。
その流れるようなダンスは、やはり優雅さの極地でしたし。

けれど同じように大切なこととして、
なにか自分にとって良しとおもえないことがあったとしても、
クスリと笑って、楽しめてしまうぐらいのリラックス感、深いレベルの信頼も
必要なことなんだなとおもったのです。

わたし達の人生は一瞬でもあるでしょうが
でも実際歩む上で、長丁場とおもうこともあります。

真摯さと、そしてリラックス感、どちらも持っていつも信頼とともに進んでゆけたらいいですね☆

緊張を解いたり、包み込んでくれるカルサイトは
そんなことを巧まず、言葉ではなく伝えてくれたのかもしれません。

☆☆☆

そして、同じくカルサイトはカルサイトでも、オプティカルカルサイト(ホワイト)も
手に持って同じくお話してみました。

すると、少しすると次のようなイメージが浮かんできました。

わたしは大きなアンティークとでも言えるような、楕円形の全身が映るほど大きな
鏡を前にしています。

それは白雪姫の物語の、継母が「鏡よ鏡。。。」と問いかけたような
そんなものを一瞬思いましたが、

その鏡のそばに、優しそうなおばさん先生のような^^存在がいました。
地味な感じながら、指導してくださる先生という感じがし、
けれどそれはマスターとかいう風ではなく、
アドバイザー的な存在と言ってもいいかもしれません。

あるいは天使がそういう風な姿で現れたのかも。^^

そしてわたしはその大きな鏡に向かい

「わたしは本来のわたしのままに生きている?」
「わたしのすること、話すこと、考えることに、わたしそのままが反映されている?」

と問いかけていました。

すると、鏡はだれかの声でそれにこたえてくれるのではなく、
わたしのうちに響く形で、

「あなたの感情はどう? そのさまざまな時にどういう風に感じているの?」

「おなかのあたりの感じはどう? 緊張して固くなって呼吸が止まったりしていない?
それともきもちよく緩んでリラックスしている?」

「あなたのその時に、どれだけ他への配慮がある?
ふんわりとあたたかく広がってゆく感覚がある?」

そんなことが、責められているとかジャッジされているというものをまったく伴わないで
問われてゆきます。

そこには深い愛があり、ただわたしの生命の流れをよりスムーズにするという意図の
優しさだけでした。

そしておもったのは、鏡の横に立っていたのは、わたし自身のひとつの現われであり、
心のなかに、わたし達はとても厳しい監督者、ジャッジする人を入れていることが多いですが、
この存在のように、ジャッジではなく、公正かつ沿ってくれる存在。

そんなガイドといつもコミュニケーションして、一緒にいたいということでした。

また、そんなガイドさんの言葉に、しっかり耳を傾けられる自分でいたいものと
改めて思いました。

☆☆☆

ちなみに、ここで興味が出て、ほかの色のオプティカルカルサイトも手にもってみました。

ゴールデンカルサイトでは、天使界的世界とのつながり、明るさなど

ピンクカルサイトでは、優しく、かつまたパワフルな、ハートを開いてくれるエネルギー

そんなことを感じ、

カルサイトと一口にいっても色によりそれぞれですし、
またオプティカルカルサイトもまた、独自の個性をもっていると感じました。

全般的に、とても優しいエネルギーの持ち主(石)ですね。
可愛いです。