toggle

クリスタルのプログラミング

 

アポフィライト

クリスタル Love ヒーリング・メッセージ

 

私達の友達のクリスタル、石たち☆

自然な気持ちに沿って、なでたり一緒にすごしたり、一緒に眠ったり
大切な場所へ連れて行ったりと

私達がしたいなと思う方法で、大切にし
またその中から自然に、絆も生まれてくるのだと思います。

友達でも、いろんな場面を一緒にしたり、感情、ハートを分かち合ったり
プロジェクトを一緒にがんばったりと

そんなひとつひとつから、絆と共感と理解が生まれてゆくのと

石との間も同じかなと思います。

まず惹きつけあうものが石と私達の間で起こり
そして一緒にいられるようになってからの

さまざまな体験と時間を通して、さらに深まってゆくものがある。

そんな関係を自然に作ってゆく私達ですが、
今回は、「クリスタルのプログラミング」についてです。

☆☆☆

前回のガーネットについて書かせていただいた時に、

私の瞑想部屋のテーブルの様子などもついでに書かせていただき

その時に、

「あ、そうだ、この石たちはある意味、私はプログラミングをして
使わせていただいているんだな」と改めて思ったのでした。

「プログラミング」と聞くと、ちょっと人工的に、あるいは強制的に
何かをさせるように導く

そんなイメージがわきませんか?

ここで書かせていただくのは、そういうことではなくて
ある意味、自然発生的に強まってゆく絆など
それを別の言葉で表現している、そういうことにもなるかと思います。

ですので、「あ、プログラムというものをしてみなくちゃ!」と(笑)
思われる必要もありません。^^

☆☆☆

まず、プログラミングには2通りがあって、

(その際は、ニュートラルなエネルギーということで、
クォーツを使うことが多いです。)

・アクティブ・プログラミング(能動的)
・パッシブ・プログラミング(受動的)

なのですが、

私達が自然によく行っているのは、後者の
パッシブ・プログラミングですね。

私の例で言いますと、前回書かせていただいた記事にもあるのですが、

マスターストーンと思っている石を握って
いつも瞑想をするわけですが、

その繰り返しを通して、

自然にプログラミングされてゆくということです。

特に強い意図、フォーカスがなくても、
何度も同じ目的、状況で使うことにより、
石も同調してくるということです。

いつも握って語りかけて、友達のように接していれば
その方にとってはまさに「友」となるのも、同様のことと思います。

またアクティブ・プログラミングでは、

より、その石にどういう風に働いてほしいのか
意図的に発信して、それを行います。

私がアチューンメント、セッション時だけ布をあけて
その際にエネルギー的なブーストをしてもらう
各クリスタルたちなどは、

そのアクティブとパッシブ、両方のプログラミングとも言えますね。

繰り返しもあり、また事前に

「アチューンメント・セッションにて、エネルギー的サポートをいただく」

という趣旨の意図を設定してありますから。

そして、ここで気をつけたいのは、
まず石たちが、その意図に沿う感じがあるかどうかです。^^

人間も個性があるように、石も同様、どんな風に使われたらうれしいか
個性、得意分野、そして居たい場所など

それぞれ、あるように感じるからです。

人間側が、期待いっぱいで、ある意味余裕がない状態で
強制するようなことではなくて(笑)

双方向で意思を聞きあったりして、それでOKの感じが返ってきたら

自分がプログラムする際には

「自、他、世界にとって肯定的なもの」
そのことに基づいてのみ、行うという

当たり前のことではありますが。。。

祈り、願いを発する際と同じ心構え、これも必要になってきますね。

ま、石好きの心優しい方からは、
それ以外の意図は出てこないと思うのですが^^

大切な点だと思いますので、念のためにと
書かせていただきました。

双方向でお互いの個性を感じながら、
またさらに深めて、お互いが潜在的に持つタレント、可能性を
充分に開いてゆくために

可愛い石たちにもしっかりと、個性を活かして生き生きと働いて欲しいですね!