toggle

女性クォーツ

 

アポフィライト

クリスタル Love ヒーリング・メッセージ

 

female quartz 直訳すると「女性のクォーツ」

クォーツに男性、女性ってあるの?と言うことになりますが、

いわゆるクォーツポイントは先がとがった形、ポイントがある形が
主ですよね。

今回のクォーツは、そのポイントがないというか(笑)
上が平たくなっていて、台形のような形を形成しています。

また、こういう名称が通称として通っているか分かりませんが、
フランスの石ディーラーのデニスさんから求めたもので、
彼がおすすめとして見せてくれたものです。

☆☆☆

今回これをもって座ってみて、

前回の、いわゆるミカエル、A.M.ブッダなど
男性的特質を強く現すとおもわれる存在ではなく、

女性的存在
イシスのような存在を感じました。

パワフルだけれど、しっとりと深く大きく、
包み込むエネルギー。

聖なる、まさに母性といえるようなエネルギーと感じました。

ただそれに包まれて、怖れなしに受け取って、
ただその波動とひとつとなって、いいのだと感じました。

そしてその間、少し前に受けたヒプノセラピーのことを思い出し、
そのセッションでみたイメージが、再び心に浮かび、
わたしの心深くにあった、

受け取ることへの怖れ、信頼することへの怖れに
更に踏み込み、

理解という明かりで照らし、
その光で変容が進むのを助けてくれました。

わたしが
「もし受け取ったら、その人の言うことを聞かなければならないの?
責任とかが生じるの?」と

思い込んでいる、信念体系が見え、

けれど、それが見えたということは

「手放せますよ、今。今がその時ですよ」ということなのだと
思いました。

受け取るも与えるも、コインの表と裏。。。

ひとつを嫌がることは、全体の流れ、バランスを阻んでしまう。
それを心全体で、波動としても感じ、

変容というタイミングが来ていることに感謝し、
心がなんというか、決まった瞬間でした。

イシスは今まで特にご縁を強く感じたことはないのですが、
少し前に二つイシスクリスタルが来てくれて、
今ベッド回りに置いています。

また興味深いことに、2011年の年末に、
スーザン・ハートさんというヒーラーさんが
セレモニーを行ってくださり、それに遠隔で参加したのですが、

そのセレモニーでは、『エジプシャン・マジック』ということで
イシスのパラフルな存在があったのでした。

偶然イシスクリスタルが来てくれて、イシスとつながるようなセレモニーも受け、
今回も、フィーメール・クォーツが来てくれて。。。

なんだかゴッデス・エネルギーへのご招待をインテンシブに
頂いているように感じる、この2012年の年明けです☆