toggle

グリーンガーネット

 

アポフィライト

クリスタル Love ヒーリング・メッセージ

 

ガーネットは通常、深いレッドが魅力的で
そして形も独特の魅力がありますね。

私はガーネットを光に透かして、その色を見ると、
オーラソーマのファウンダーのヴィッキーさんがおっしゃったという、

ディープマゼンタについてのお話を思い出します。

ほんとうに一見黒っぽく見える地味な色の中に、

深くてまろやかなワイン色の熟成の色を隠し持ち、
光が当たった時にだけ、それを開示する様は、

自らの魅力に気づかず、とっても地味に装っていた女性が、

あるきっかけで、その本来の輝きを発見して
そのままに美しくその魅力を放射する時のような、

そんな素敵なはっとする光景のようです。

そんなレッドとか濃いピンクなどが割に多いガーネットですが、

グリーンのガーネットの原石を持って、お話をしてみました☆

☆☆☆

この石を持って浮かんできたのは、

とても充足した表情の、自然さが魅力の女性。

にっこりとユーモアたっぷりに微笑んでいて、
美人とか特別の何かがあるというより、
その在り様が魅力的、そんなひとです。

イメージでいえば、アメリのあのキュートな女性の感じ。
あるいは、私の個人的なイメージでは、小林聡美さんのような。^^

独特のその世界は、まず自らを潤すものであり、
それをいつも汲み上げ、その果実を自らに与えているからこそ、
健康的に輝くその魅力。

見せかけも卑下もなく、
等身大の自分を余すところなく愛でている、
強さと賢さを伴った調和の在り方。

そしてその魅力は、生来のものであると同時にまた、
獲得したものでもあって、

この世に生まれてきた時に携えてきたギフトは、
やはり磨かれて本来の姿を開くように、

人生のさまざまな中で、自らが自らに宣言して
さまざまを超えて、自分で獲得したという、
そんな意図と意識とともにあるギフト。

それはまた、時を経て減ってしまったり、なくなるようなものではなく、

いつもその魅力の原点の生命の火を
掻き立て続ける強さが当たり前のこととして、その彼女にはあって、

淡々と生きながら、自らが太陽になり、
自然に生きるその姿を通して他の太陽ともなり、

またさらに、他にも、自らが自らの太陽になれることを
伝えているような、

そんな地に足がついた素敵さを感じます☆

オーラソーマのオリーブグリーンも、『フェミニン・リーダーシップ』などの
キーワードがありますが、

古い概念からの女性のパワーではなくて、

古来から女性が持ち続けてきた、可愛らしさのあるたくましさ。

それをこの石の控えめさの個性と同時に感じて、

それは男性、女性を超えた、

『善き人』としての在り方のように思えます。

そしてこれを書いていて浮かんだのが、

アメリカの絵本作家で画家であり、すばらしいガーデナーでもあった
ターシャー・チューダーさんです。

彼女のとってもかっこいい生きかたは、

その日常に根ざした地味な、けれど芯の在る暮らしを通して
伝わってきていましたが、

余計な飾りも虚飾もなく、ただ淡々と人生と自分を、そして人間を楽しむ。

そんな愛にあふれていたように思います☆

地味な外観で来てくれたこの石ですが、とても可愛い、
好感の持てるという表現が、私にはぴったりな石です☆