toggle

ハッピーな関係性

愛の表現

あなたは今満ち足りた関係性で安らげていますか?

 

私たちは生きる上で、

自分自身とのさらに深い邂逅、
そして他者として存在する人との より理解と愛にあふれた邂逅

これを望んで生きていると言えます。
そのどちらも、どの入り口から入っても
究極辿り着くところはひとつと思いますが、

身近な関係性では、自身の真の思いや姿、望みなどが
浮かびあがり易く、同時にチャレンジ、痛み、悲しみとして
体験することもあります。

 

他者は自身の鏡

これはよく言われることですが、特に近しい関係、
特別に親密な人との関係では、自分がよりむき出しで表現されるため、
関係性により、アップ&ダウンする感情を経験したり、

他のあたりさわりのない関係では隠しておける、心の深い所の傷、
痛みなどが出てきます。

 

他者を通して愛をより知る

けれどそういう他者との関係を通して、

愛をより深く知りたい

自分と世界をより深く知りたい。。。

自分の強さを表現すると同時に、自分の繊細で大切な部分も受け入れて欲しい

自分のほんとうに柔らかな部分を無条件で受け入れ愛して欲しい。。。

 

そういう魂の願いに自然に動かされて、ご縁ある方との
関係性での物語がつむがれていきます。

そして願わくば、その物語が幸せなものであって欲しい。
自身も関係する他者もみな、より幸せであって欲しい。

 

パートナーシップ

関係性をハートの共鳴にするために

 

現代に生きる私たちにとっての、
女性性と男性性のバランスのよい発揮などについて、
役にたつかもしれないことなどを こちらに簡単にまとめてみました。
(画像クリックでお読みください。)

プレDuo 期 リレーションシップを築く前に

女性
自分の波動を高める

自分が自然に打ち込めること、無邪気に好きなことを深めることで、あなたの波動は高まります。好きなことをしていて心が湧いているとき、高い波動の状態にいることができ、それが関係性を人生に導きいれる自然な準備ともなります。

女性
自分自身を知る

私たちは自分のことは自分が一番知っていると思っています。けれど近しい人があなたのいろいろな側面に、あなた以上に気づいていることがあるように、私たちはフィルターを掛けて見ているために、案外自分のことを知らないのです。

女性
許す

過去に感じた感情や傷を、その相手を許すことで浄化してゆくこと。それは関係性で美しい花を咲かせるためには、土台を整える必要なプロセス。庭仕事と同じで継続が必要な地味なことだけれど、その上にお花は咲きます。

femininity-care
女性性を高める

女性性を高めるためには鎧を外して、自身の無邪気さと向かい合い、それと触れ合うのを許すこと。可愛いもの、柔らかいもの、小さなもの、キラキラしたもの。そんな好きなもの、響くものを大切にして暮らすこと。

タンデム
他の人がはいってこれるスペース

自分自身を愛して自分の内側から自身を満たすこと。そして自分の好きなものを愛でて喜びの自家発電をすること。同時に、自分だけで完結せずに、他の人が入れるスペースも残しておくことも大切。

女性
顕現波動をつくる

望むことを実際に顕現する上で、深いところでの抑圧や制限がないかも見てみること。自分が善きものを得るのに値するという自信も必要。肉体もしっかりケアして、小さな体験から自信を深めてゆくこと。

Duo 期 リレーションシップを深めるために

カップル
お互いの世界を尊重

関係性を育てる過程にあっても、自分の世界を大切にすることはとても重要です。関係性に依存し過ぎたり期待し過ぎたりせずに、自分軸の世界もケアすることで、もたれあわない調和が生まれます。

女性
自分をまず大切にする

関係性において相手軸で気遣いばかりで育てようとすると、疲れてしまいます。長くて安定した関係性を創るためには、自分に正直で自分を大切にしていることが、まず最初にきます。

涙
本当の感情で対する

近しい関係では素の感情がたくさん生まれます。怒りやさびしさ、嫉妬など自分で認めたくないものもあります。それを素直に表現できなくて、粉飾した「怒り」で表現することも多かったりします。

カップル
パートナーをあなたがどう捉えているか?

表面であなたがパートナーをどう捉えているか以前に、より深いところでどう思っているのか、それが関係性、相手の在り方に影響しています。相手を信じるためには自分を信じていられることが必要です。

ハレのとき
ハレとケ、どちらも大切に

大切な関係では日常という継続してゆくケを共有します。なんでもない日常です。そこに「ハレ」という非日常を適宜いれることで、関係性ににも新鮮な風をとりいれてリフレッシュできます。

ケンカ
小さな不満をためない

日常、関係性で些細な不満、怒りをいつも「小さなことだから」と我慢し続けていると、大きなものとなって爆発して関係性を傷つけてしまいます。そうならないために、ごまかさず見ることが大切です。

couple-2
お互いの成長をサポート

相手をパートナーとしてだけ見るのではなく、オリジナルな魂の軌跡と望みを持つ一人の人間として見ること。相手の魂の望みまでサポートし合えるためには、自分もまた常に新化し続ける必要があります。

つがい
女性性、男性性の発揮

男性と女性の尊さに違いはないことがイコール、同じということではありません。感性においても違うため、ときに無意識での同化で相手とすれ違ってしまうことも起きます。それぞれの違い、個性を学びそれに合った表現をしてゆくことも、関係性では大切です。

ユーモアを大切に
ユーモアを持つこと

関係性は長期的なものですから、シリアスな場面もチャレンジングな場面もあります。そこに笑いと和みをもたらしてくれるユーモアを持っていることは、調和した愛のある関係性にとって大切なことです。

 

女性性はぐくみブログ記事は
こちら
からごらんになれます。

関係性にも踏み込んだ、ドイツに暮らす女性の姿の記事は
こちら
からごらんになれます。

 

ボタン また、あなたがもし関係性についてのお悩みをお持ちでしたら、
個人セッションなどをお申し込みください☆

クリスタル・ヒーリングを通して、チャクラを通して、
あるいは占星術・数秘を通して、クリスタル・アライカードリーディングを通してなど
総合的なセッション、あなただけのオーダーメイド・セッション
お贈りします。

 

パールボタン お申込み

お申し込み

 

info☆angelic-bloom.com (☆を@に変えてください。)

3日以内に私からの返事がない場合、メールが届いていない可能性があります。
恐れ入りますが、もういちどお送りくださいませ。