toggle

セルフ クリスタル・ヒーリング 小さなヒント6

シトリン

 

この記事では、「クリスタル・ヒーリングはまとまった時間
置いておかないと、効果はないの?」

このテーマで書かせていただきますね。

クリスタル・ヒーリングを体験されると、
波のように、石からのエネルギーが及び、
そしてそれがしばらくの後続き、そして引いてゆき・・・
そしてその後、また新たな波が来るように、

それがいくつかの波として、肉体を含め様々なレベルに波及して、
肉体・サトルボディのさざまなところへと、
効果をもたらしてゆきます。

そういう意味では、たとえば10分、15分と時間をとって、
じっくり味わうことが、ベストかもしれませんが、
たとえ、そういう風に意図して石を乗せても、
すぐに滑り落ちたりする場合もあります。

その場合、何度か乗せることをトライしても、
それでも落ちてしまう場合などは、
それはすでに必要な効果をもたらしたか、

あるいは、落ちた場所が、たとえ肉体から離れたところであっても、
エネルギーフィールドとして、それが一番適した場所ということもあります。
(たとえば、喉の上に置いた石が、少し経って喉の横に
滑り落ちてしまったケースなどです。)

肉体の上ではなくても、エネルギーフィールド内の
そこにて働くのが一番効果的ということも言えるのです。

ですので、肉体の上に、各チャクラの上に、置く方法もあれば、
体には触れずに、その周辺に配置する
エネルギーフィールド内に置くという方法もあるのです。

また、石は一秒でも働くとも言えますので、
あまり所要時間にこだわらず、石が働きたいように働いてもらうという
その信頼も大切です。

Enjoy!