toggle

セルフ クリスタル・ヒーリング 小さなヒント7

シトリン

 

この記事では、

「気になるところ、該当すると思われる箇所にだけ、
石を置くので充分かしら?」

こんなテーマにて、書かせていただきますね。

クリスタル・ヒーリングの際に、
顕現意識で注意が向くところに、
適した石、直感で導かれる石を置くことは、
もちろんとてもいいことですが、

顕現意識での認知より、深い部分での、エネルギー的な不整合が、
実は、その表面に浮かび上がっている、その問題の
より根本的なことであるということも、ときにあります。

たとえば第3チャクラあたり(胃のあたり)のエネルギーを
よりクリアにしたいと意図して、クリスタル・ヒーリングを
するとします。

その箇所に置くと同時に、
導かれる他の箇所、
あるいはグラウンディングの石、クラウンあたりへの石など含め、
全体的に置いてゆくことが、
より意図に合った効果をもたらすことも多いです。

あるひとつのチャクラが弱っているなというときは、
他のチャクラもまた、関連してバランスが崩れていることが
多いです。

すべてのレベル、チャクラは相互に関連しているからです。

ですから、クリスタル・ヒーリングの際には、
より全体的なヒーリングを目指してされる方が、
良いかなと思います。

また、体だけではなく、体の外側にも、
様々なサトルボディのエネルギーフィールドがあり、
そこでも石は効果的に働きます。

Enjoy!