toggle

女性の生き方 in ドイツ 6

女性

 

今日は音楽が取り持つご縁で
素敵なパートナーシップを築いていらっしゃるお二人のお話です。

南ドイツはフランスにもほど近いところに住むこのカップルさん。
男性が日本人、女性はドイツ人です。

そして、お年的には、かなり離れています。

具体的には分かりませんが、多分・・・
20才以上、離れているのではないかなと思うのですが、

お二人の絆は、音楽とそして世界へ善きものを望む気持ち。
それでしっかりつながっています。

どちらもマンドリン奏者であり、
きっと、その専門分野をシェアすることは、
彼らにとって、とても大事なものを自然にシェアすることなのだろうと思います。

男性の方は割に地味な方なのですが、
日本男児らしく、芯のしっかりした意志の強い知的な男性で、
女性の方も、美しさとそして音楽の才能に溢れたとても素敵な方です。

お二人の間には、自然で強い信頼が通っているのがわかります。

お二人の潜在的なご縁としては、
彼女がまだ子供の頃、彼は彼女の写真を、知人経由で見たことがあり、

「こんな小さな子がマンドリンをやっているんだな。。。」と
そのときは思っていたのだそうです。

ご縁って分かりませんよね。。。

すでに大人であった男性がその写真を見た時、
その女性はまだ子供で、
将来お二人が今のようにパートナーとして一緒に人生を築いてゆくなんて、
きっと想像もしていなかったことでしょうね~。。。

やはりご縁のある人とは、ベストなタイミングが来たら
出会えるんだなぁと思います。

とても調和的なカップルで、
時々お料理を男性がされる時、彼が作る日本料理も、その女性は大好きなのだそうで、
紅白なますを、「幸せサラダ」と名づけておいしい、おいしいと食べるそうです。

作る方もさぞかし、作り甲斐があることだろうななんて、
お二人の微笑ましい姿をみて、感じたりしました。

魂と魂が引き合う時、
それは外側のこと、年齢のこと、国籍など
色々な条件からではありません。

シンプルに魂がお互いを覚えていて、
そしてなにかを感じるのだと思います。

ひとりでも充実して、
そしてさらに二人でいることで、世界がますます豊かに広がり
幸せを波及させてゆけるカップルは、

その波動を通して、世界にギフトを贈ってくれていると思います。

清らかな心を持つお二人、
これからもお幸せに♪と祈りながら、

お二人の笑顔がいつまでも心に残り
あたたかさをもたらしてくれます。