toggle
2020-09-15

移行期にある時に

移行期にある時に感じること

人生は常に何かの途上だったり、
また古い影響が残っていて、それと新しいものが混じって
シェードが様々に変化する、その継続ですね。

そういう意味では常に何か混ざっている状態なわけですが
(少なくても人間の感覚として)
ある時点で、よりそのふり幅的に大きく混じり合う時があります。

人生での転換期、人生のステージの仕上げだったり、
新しいステージの始まりだったり、そのような時です。

移行時はまず古いものが離れてゆく

たいていその時は、古いものが崩れて行くことも同時に起こり、
その際、どうやって新しいものが築かれて行くのか、
何がどう起こって行くのかもわからず、
ある意味、自然に運ばれながら、新旧が混ざって行くという風に進みます。

そしてその過程を人間としていつも時差なしで把握ができるかというと、
なかなか難しいです。
惰性で動いているエネルギーの存在もあるからです。
運動的に、今まで動いていたものがピタッと止まるというより、
少しずつ振りが小さくなって止まるのと同じです。

新しいものもまた、急に大きくなったりするわけでもなく、
植物の種からの成長と同じですね。
あるところまでは変化、成長の具合はとても小さくて認識しづらい。
けれどある時点からすごく大きく育ってゆく。

深いレベルでは私たちはすべて理解している

そんな様々な影響を私たちは常にアップデイトで感じながら、
その時々にベストなことを選んで生きています。
たとえ意識的にはそう思えなかったり、ちゃんと選べてもいないし・・・と思っても、
深いレベルでは間違ってはいません。
すべて必要があって現れ、そしてそれが繰り返されていると言えます。

移行期はどんなことが起こりやすい?

そして、それはそのとおりなのだけれど、
人間側として、こんなことがあると、移行期のサインとも読めるねという、
そのことについて書いてみます。

移行期=変化です。

次のような変化が生じていたら、エネルギーでも変化が始まっていると言えます。

・今まで仲良くしていた人と距離を取りたくなったり、
あまり魅力を感じなくなったり変化が生じる

・身につけるものが、急にしっくり来なくなり、何を着たら良いのか、
パッと出て来なくなる

・今まで興味があったことがどうでもよくなる

・シンクロを感じにくくなる

・何が正しいとかそうでないとか、好きとか嫌い、
その枠組みが揺らぐ

・いろんなところで価値観の見直しが起きる

こんなことが起きやすくなります。

古いものが離れながら、新しいものへと準備をしている

こういう時はスムーズにさくっとゆかないことが多いですが、
ある意味、今までの様々を棚卸してこれから必要なものを取捨選択して、
新しいものへの場所空けも始まっているということ。
やはりね、新しいものが入るスペースが必要なんです。

そういう時は、ゆっくりしか進まなかったり、自分の思うように運ばなかったり。
けれど、努めてデンと構えるようにして、好きなことを楽しむこと。

好きなことをしているとエネルギーが動きますし、
ゆったりしたりリラックスすることにより、エネルギーの交代も
自然に促されるからです。

関連記事