toggle
2017-08-10

おもてなしの心 in ドイツ

マカロン

 

「お・も・て・な・し」

 

これってずいぶん前かもしれませんが、流行りましたよね。

 

さすが行き届いたサービスの国、日本だけあって、

意識が高いです。

日本へ帰るとサービスの質の高さに毎回驚きます!

 

そしてでは、私が今暮らすドイツ、ここではどうなの?

やはりおもてなしの心って同じ?

方法は?

 

こんなことについて書いてみます。

 

まず結論からですが、

 

ドイツの「おもてなし」は日本のそれとずいぶん違います!(・・。)ゞ

 

やはり国民性とか違いますから。

 

先日ヨガの先生がお誕生日を迎えて

ちょうど私が行くコースの日にあたりました。

ですので、ヨガのレッスンが終わってから

車座になって床に座って、ちょっとしたお誕生日のお祝いを。

 

で、そのケーキ。

 

私達生徒が焼いたのではないです~!

焼いたのは、お誕生日を迎えた本人の先生。^^

 

Geburtstagskind とお誕生日を迎えた人を言いますが、

その当人が周囲の人にケーキなどを振舞うのが

ここドイツの習慣です。(ノ゚ο゚)ノ

 

(これはイメージ画像です。)

 

先生お手作りの、ヴィーガン対応もOKのレシピの

アップルケーキとブラウニーを一緒に食べました。

(アップルケーキはヘーゼルナッツのパウダー入り。

風味が増しておいしかったです。

そしてブラウニーは今が旬のさくらんぼ入り。)

 

その夕べ、みなで先生が焼いたケーキを食べながら、

心のこもった、本当に心がほっこり温まる

本物のあたたかさがある短い宴でした。

 

一番のご馳走は、気取りがない本物の気持ち

それがハートとハートから行き交っている。

 

それがね、「おもてなし」の真髄だと、改めて思いました☆

 

ドイツ人は質実剛健で、細やかさという点からいうと、

たぶん日本人は驚いてしまうところもあると思うのですが、

気取らない集まりに関しては、賢いです。

 

一言でいったら、「張り切り過ぎない」のです。

 

そしてたとえば、その手作りケーキをサーブしてくれるときも、

ドイツ式に、切り分けたケーキの横腹にブスッとフォークを刺して

渡します。

 

これね、別に怒っているわけではないです。

レストラン、カフェでもこんな風にサービスされることは

結構あります。

フォークが落ちないのでいいという、機能側面からだと思います。

 

そして生クリームをホイップしたもの、

ドイツ人は大好きで、それがほぼ必ずケーキに添えられたりしますが、

それを乗せてくれるときも、

エイヤッ!とほおる感じで乗せたりです。

 

これも特に怒っていませんよ。(笑)

 

そして食べ始めも、手渡された人から結構適当に

食べ始めています。

他の人の様子を見て、一緒にお祝いをいったりしてから

みなで調子を合わせて始めるという風景でもなく、

自由にパクパクという感じなのです。

 

洗練されている要素はあまりないかもしれませんが・・・

でも逆説的に、ある意味での洗練でもあるのですよね。

 

♡ おもてなしの心 ♡

 

その人の負担にならない範囲で、

自分も負担にならないことを

さらっとさりげなく分かち合うということ

 

その核が、そこにはしっかりありますから♪

 

日本ではホテルやカフェでのアフタヌーンティーが

流行っているんでしょうか?

私もカフェでのんびり空間を楽しみながらケーキは、

気分転換によく利用しますし、

豪華な、ちょっとずつ素敵な器に盛り合わせられた美しいスィーツは、

見ているだけでもハートのエネルギーが上がります。

 

そういう「豪華さ」と「細部への気配り」という

日本式のおもてなし、私も大好きです。

 

そして、ドイツ式の「さりげなく」 「気取っていなくて」

「ただフツーの」 やり方も、

別の極での洗練だなと思うのです。

 

こちらでお祝いをする際は、自宅などですることも多いため、

そういうやり方をすることで、負担に思う人が出ないわけですね。

 

みながお祝いそのものに集中できる
誕生日の歌を歌ったり、くだけた姿勢で

床にただ座って一緒に食べたりしているときの

あったかい雰囲気はすごく素敵でした♪

 

そして、先生のボーイフレンドもコースで習っているのですが、

彼もおつまみのようなものを作ってきていて、

とてもおいしかったです。

こちらも手作り。

 

バゲットを薄切りにしてカリカリにしたようなものといったら、

イメージしていただき易いかも。

オリーブとトマト入りでおいしかったです!

 

ドイツでは男性もこんな風にお料理をしたり、

ケーキを焼くこと、

案外と普通のことですので、その点も

肩肘張らずで素敵だと思いませんか?

 

ちなみにうちの夫も、週末夕食を作ってくれたり、

ケーキを作って!といえば作ってくれます。

 

おもてなしの心には、男性も女性もないですしね♪

 

日本とドイツのおもてなしの違いなどについて書いてみました。

 

 

あなたの『おもてなし』の定義って何ですか?

 

ハートに響くおもてなし、何が大切だと思いますか?^^

 

よろしかったらこちらもどうぞ♡
  ブログ
関連記事