toggle

ルビー

 

アポフィライト

クリスタル Love ヒーリング・メッセージ

 

前回のエメラルド同様、貴石としておなじみのもうひとつの石
ルビー。

早速手の平の上において、同じように瞑想に入りました。

☆☆☆

最初から感じたのが、第1チャクラあたりからふんわりと
やさしく立ち上るようなエネルギーでした。

それはまるで、美しいお花がふんわりと開く
そのさまをエネルギーで感じているようです。

とても「地」に近く、また私たちの肉体レベルに働きかける力
親和性のあるものを感じ、

その宝石として見るときの、
赤いパワーに満ちた、ちょっとツン!としても見えてしまう

あるいはその赤のメッセージを強く受け取ってしまう感があるのですが、

その原石としてのエネルギーは、
とてもやさしく親しみ易く、私のルビーに感じているものを
覆してくれました。

とはいえ、原石のものは普段のクリスタル・ヒーリングで
よく使う石ですので、

敷居が高くて。。。という扱いではなかったのですが、
宝石として加工されたルビーの、あのとても華やかな佇まいが
やはりどこかに強烈なイメージとして残っていたみたいです。

そしてなぜか感じたのは、このルビーをヒーリングで使う時には
のどのチャクラ対応の石を、対で考えるといいなということでした。

前回のエメラルドは、脳、そして第3の目、耳のチャクラなどを
パワフルに活性化してゆく感じがしましたが、

このルビーのエネルギーが全身へとスムースに流れるために
のどのチャクラがひとつポイントになる気がします。

のどに置く石は、ご自分がお持ちのブルー系の石、
あるいはいろいろお持ちであれば、そのときにピン!と来た石を。

そしてそんなことを考えながら座っていると、
ガイアなのか、あるいはルビーに宿るエネルギーと
呼応する女神なのか

ふんわりと美しいドレスのすそをなびかせ
私の周りをとてもゆっくり舞うように円形に回ってくださる存在が
現れ、

そして最終的にはハートへと入ってくださったのですが、

なんらか女性性のエネルギーを、
私にプレゼントしてくださったようで
とてもうれしく思いました。

こうやって石とつながる時間は、長い必要はなくて
数分の間に必要なメッセージは流れてきます。

お互いに、気張らず^^気を楽に
ある意味なんでもあり!の自由な気持ちで

ただその時間を純粋に楽しんでみましょう!

何が正しくて、何が正しくない

そんな固まった線引きは、優雅に飛び越しつつある
今の私たちではないでしょうか?^^