toggle

貴石として、またヒーリング石として

 

アポフィライト

クリスタル Love ヒーリング・メッセージ

 

最近ちょっと貴石が続いていましたので、
そのことについて。

宝石質の石の魅力、それは女性なら理屈抜きに知っている
そう思うのですが^^

たとえば、そういう宝石質のそれと、原石などの場合の違いなど

そんなことをちょっと書いてみたくなりました。

☆☆☆

宝石として市場に出て、私たちの目を楽しませ、
そして時には深いため息をつかせる石たち。。。

その深い色と輝きは、魅惑に満ちていて
古代から、王冠に使われたり、プレゼントとして愛のしるしであったり

そういう役割としても私たちと共にあった宝石、

それはやはり独特の価値があると思います。

その輝いた姿になるまでに、ほんとうにたくさんの人の手が掛かっていて

それはまるで、スターとして登場する人達とも通じるものではないかなと思い、

磨かれ、魅力に焦点をあて、それを最高次元まで引き出した
その結晶そのものであると思います。

では、原石って何でしょう?

私が思うことですが、
本質は変わらないですね、その存在としての核は。

ですから、ヒーリングなどの際には、
特に際立って美しいものでなくても、色が鮮やかでなくても
形が整っていなくても、にごっていても、大きくなくても。。。

磨かれていなくても、荒削りでも

効果はそう変わりません。

石の持つ、特有の結晶構造やエネルギーが
ヒーリングをサポートするのであって、

見た目がどうかということは、

人間の目に訴えることであり、二次的なことです。

スターと言われる存在も、究極私たちとなんら変わらない人たちなわけですし^^
美しいから、かっこいいから、人間として、即優れているなどとは言えない
そんなことと同じだと思うのです。(笑)

ただ、石は光と色の体現でもあると、私個人は思っていますし、
色もバイブレーションを伝え、それ自体がヒーリング要素でもありますから、

可能な範囲できれいな、自分に訴える石を探すのもまた
自然に私たちの心から出るものだと思います。

『美』って、なんだか実態のないものみたいにどこか思いますが、
美にあこがれる心は、いつも人の心にあり
それはとても大切なものだとも思います。

結論としては。。。(結論などなくていいのですが。笑)

ヒーリングとしては、磨かれたきれいな石も、原石もどちらもOK。
ただ、見た目からも癒されたい場合は、きれいな石を求めたりするのも
極めて自然でOK。

そう思います。

私個人は色が好きですので、きれいな磨きにはやはり惹かれますし
また同時に、自然な風情のクォーツなどにも
同じように惹かれます☆