toggle
2019-02-24

石と持ち主様の絆

 

石の活性化のセッションを、
現在は私の元から送らせていただいた石に限り、
エネルギー・セッションとして、させていただいております。

遠隔でさせていただきますので、石の写真を通して
なされます。

(将来は、私から送った石のみならず、拡大しようかなと思ってはおります。)

 

そしてそのセッションを通して、
ほんとうに石たちとその持ち主さんの間の絆を感じることが多く、
とても素敵だなと思いますし、

石の寄り添う愛に深く感動することもたびたびです。

先日させていただいた方も、とっても素敵なストーリーがあり、
ちょこっとだけですが、シェアさせていただきますね。

 

させていただいたとき、「カエル」が見えたとき、
実は私はちょっとだけびっくりしました。

今までのセッションで、あまりお見かけしない存在だったからです。

そしてセッションでそのカエルさんは、ある存在へと変身していったのですが、
ここではこのくらいで。

(セッションの際のイメージなども、その持ち主さんにとっては
大切な心の宝ものと思いますので、ごく一部だけのシェアです。)

 

そしてその後の持ち主さんとのやり取りで、
カエルさんとして出てきた、その石に宿る存在の由来といいますか、
それがわかりました。

少女の頃、持ち主さんはファンタジー小説で、
男の子とカエルさんの間の絆を描くものを
とても大切に読まれていたそうです、何度も。。。

そしてある部分で、その少年と、そのとき少女だったご自身が
重なるような思いももたれたということ・・・

そう、持ち主さんのハートの一番大切なところにある
ピュアな思い、絆と共鳴する石さんだったんです♪

 

いつもかなりの頻度で一緒にいたというその石。

ハートを通しての絆がすでにあり、
今回は私を通して、その絆がさらに活性化され、
お二人の間の愛が、より持ち主さんに伝わっていったようでした。

 

石が特にお好きではない方には
たぶん・・・ただの石だと思います。

同じように見える鉱物。

けれど、石に響かれる方は、その「石」と見える奥の、
エネルギー的なものに共鳴して
その石をご自分の元へとお迎えくださいます。

 

そこには言葉を超えた共鳴と、愛と絆がすでにあります。

 

そしてともに一緒に居ることを通して、
それが強まってゆくのです。

 

私にもそういう石はたくさん、あるいはすべての石となってしまいますが、あり、
先日、大切な方のお誕生日に瞑想した際に、
用意した石マンダラの横に、クリアな玉状のレムリアンクォーツを用意して、
彼女のエネルギーをそこに納めさせていただきました。

夜、それを感じてから眠りにつきます。

 

石はただの物体に見えるかもしれませんが、
それを愛する人には、それ以上のものを示してくれる存在たちです♪

 

関連記事