toggle
2019-07-12

ご縁ある方とは、距離、立場を超えて出会う

 

私たちはたくさんのご縁ある方に囲まれ、そのご縁が、肉体にとって心地よいものか、そうでないかに関わらず、親しく接する方は特に、顕現意識で感じることなくても、
その出会ったという機縁を縁にし、そこから双方に開いてゆく世界を共有します。

そして、その世界の風景がたとえ同じではなくても、登場人物としてかけがえのない相手同士であるということです。

そうして出会う他者は、ある意味自分がつくるストーリーの登場人物になりますが、そのストーリーの中で得ている役割を抜いて考えると、

自分を目覚めさせてくれる、成長させてくれる、視点を拡大してくれるなど、心の深いところで願っていることを、その特定の状況、ストーリーという中で展開することで
その世界の構成に関与してくださっている、得がたい方たちです。

恵みを感じる方、
反対にチャレンジを感じる方、
好きだなと感じる方、
嫌いだなと感じる方・・・

いろいろいらっしゃいますが、そういう、ご縁深い方には、距離や状況や立場に関わらず、出会ってゆきます。

深い魂のつながりのある方には、たとえば、瞳を見たときの感じが独特だったり、訳もなく親近感を覚えたりと、マインド的な判断を超えた何かサインのようなものがあります。

石でも、自分にとってそのとき必要な石は、あちらから視界に飛び込んできたり、ほかの石がたくさんある中でも、独特の存在感やアピールがあります。

人もそのような感じで、ふと感じる何か、そこには表面に出ている情報以上の、実はそれはそれはたくさんの水面下で感知、認知されているたくさんのものを含みます。

ご縁ある方との出会いは、ハートを耕してくれるもの。

今までの自分をより広げ、大きくしてくれるもの。

ハートとマインドのバランスをよくしてくれるもの。

ご縁あって出会える、そんなたくさんの方たち・・・
これからも大切にしてゆきたいなと思っています☆

 

関連記事