toggle
2021-04-21

太陽(人生の羅針盤)を支える力

太陽 人生の方向、目的

私たちが自信をもって人生を歩むためには、
自分がどこへ向かいたくて、今どこにいるのか?を把握していることが
必要です。

そもそも、どこへ行きたいのかがわからなかったら、進む力も情熱も
湧いてきません。

行き当たりばったりで動いてはみても、結局エネルギーを消耗するだけ、
心が疲れるだけで終わってしまいます。

この、「人生の目的」のようなことは、占星術では太陽が担当します。

太陽の方向性がはっきりしていることで、いろんな力を総動員して
人生を創ってゆけるわけです。

太陽と他の天体のコラボでの人生を進ませる力

占星術では天体としては太陽ばかりではなく、
メインの天体としては10こあると考えます。
それぞれが影響を与えあい、支え合い、
あるいはけん制し合い、力を時には削ぎながら、
全体としてのなんらかまとまりのある方向性を調整し、
進むイメージです。

そういう意味では、太陽を追い風的になのか、逆風的になのか、
その両者で応援してくれる天体たちだということになります。

太陽が人生の羅針盤、進む方向、目的をクリアに示すことができるように、
各天体も支えてくれます。

土星や金星や天王星、海王星など

土星

例えば、

自己否定が強いと、自分のゆきたい方向に自信がもてません。
自分の内側からの「こうしたいのだ」という思いを尊重できず、
回りや社会でOKとされているものに指針を求めてしまうと、
役割を生きる人生になり、情熱は枯れてしまいます。

そんな場合は、土星が周期として28年ほどで回っているとして、
定期チェック的な7年ごとのそれは、
そこに則って、今後もそのまま土台として進んで良いのか、
そもそもその土台は堅固でこれからも役に立つのか。

現実的チェックも入りながら、別の天体の影響も受けたりして、
そのコラボで、役割を見つめ直したり、引き受けた制限、枠を
引き続き設定し続けるのか、決めて行く機会となります。

内側と外側が呼応しているのかを、定期的にチェックしながら、
進路は決まって来るのです。

金星

あるいは、人生の航海と大きな表現をしても、
実はそれを構成しているのは、日々の小さなこと。地味なこと。
その些細で大したことがなく思え、変わり映えしないように思える、
その継続を新鮮な思いでできるように、小さな華やかさ、楽しさを
自分流でつくること。

この小さなハレが、繰り返しで人生に溜まってしまう澱を祓い、
心のエネルギーを上げてくれることで、人生の目的へも近づいてゆきます。

あるいは、そもそも人生の目的として目指さなくても、
日々の充実という素敵なギフトが手に入ります。

心を満たしてくれる小さなものを愛でたり、
あるいは視点をより高いところから見れるようになるために、
在り方も日常から小さく小さく刷新してゆくこと。

楽しみながらする際には、金星を活性化してサポートを
もらうといいですね。
心が喜ぶとエネルギーが充実しますから、動き易くなりますし、
肯定的なものの見方が可能になります。

天王星

そして小さな風を利用しながら進む中で、
時には大きな風にも出会います。
それは予期せぬ時に予期せぬ形で来るギフトであり、
一見チャレンジ、嫌なこと、乗り越えられないようなこととして
訪れるかもしれません。

けれど一つ言えるのは、それは「新しい扉」でもあるということ。
今までの影響からのものではない、なんらか「新しい」ものなのです。

知らず繰り返しでパターン化した人生に刷新をもたらすための風が吹く。
固定して動かないと思い込んでいたものを動かしてゆく、天王星的なエネルギーです。
そこから生まれるものはみずみずしい感覚であり、エネルギーの循環。

海王星

そしてその瑞々しさが内側に伝わって、日常を潤す水となった場合、
それは感性の豊かさとなり、
人生の与えてくれる喜びへの感受性の鋭さともなり、
内側から耕してくれる力となります。

それが芸術性とも関連する海王星的なものでもあります。

こんないろいろな力により、自分が感じ取れ、受け取れる幸福が増えて行くことで、
人生航路はより充実したものとなります。

他の天体もシンクロしながら総合的に進ませる

そしてここに書いた以外でも、

月:心の世界の安定とそこからの潤い

火星:情熱と行動力の源

水星:知性活用やコミュニケーション、つながりの力

木星:人生の大元となる人生航路への信頼、大いなるものへの信頼

冥王星:宇宙とつながり、その英知を小さな自我に反映させ超越すること

外側の条件に振り回される人生ではなく、内側からのパワーで構成するためには、
私たちの総合的力、多面的ギフトをしっかり活性化して、
勇気をもって人生を進めて行くことが大切ですね。

関連記事